1.貧血の定義

貧血とは何でしょう


血液は赤い色をしていますがその理由をご存知ですか?

それは血液の成分がヘモグロビンからなり、そのヘモグロビンが鉄から作られているからです。

鉄は錆びると赤い色になります。同じように、ヘモグロビンの鉄も酸素を結合すると赤い色になります。

人の赤血球は、写真のように変形しやすい円盤状をしており、体の隅々まで、細い血管をくぐりぬけて体中をまわります。

この間に、酸素を脳、筋肉など全身に供給する役目をしています。いわば、人体の酸素の運搬、物流を担っているのです。

貧血の定義

人体の鉄分が不足すると、ヘモグロビンの量が減り、体の隅々まで酸素を供給できなくなります。

疲れ易い、動悸がする、息切れがするといった訴えがでてきます。これが貧血です。

貧血は全身の症状であり、頭への血のめぐりが悪くなっておこる脳貧血とは異なります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『献血のすすめ』 [2012/07/14開催]

6.鉄欠乏と食事の関係

2.人体の鉄分量

鉄と上手に付き合って健康に(2008/02/16 開催:東京)

8.鉄欠乏性貧血の治療法

3.鉄量状態の検査

Translate